脂質のお話

皆様、こんばんは♪
本日は栄養素の中でも大切な【脂質】のお話をしてまいります(^^)

『脂質』と聞くと、皆さんの中では
『あぶら』のイメージが多く、避けたい栄養素になっていないかなと心配です。
そもそも脂質は、三大栄養素と言われているくらい大切な栄養なので、
正しく理解して賢く、効率的に身体に取り入れていくことが大切になります♪

実は、この三大栄養素の中でも、一番大きなエネルギー源になるのです!!

糖質1gは、4キロカロリーですが、脂質は1gで9キロカロリーで倍以上となっています!!
疲れがたまっていて、力が出ないときなどに取り入れる分にはすごく少量でたくさんのパワーが出るため、とても効率的です。

ですが、摂りすぎてしまって消費が追い付かなくなると、それは脂肪に変わってしまいます。(これが肥満の原因につながります)

エネルギーのほかにも、体の機能を整えるホルモンの材料になったり、油でとけるビタミンの吸収のサポート、細胞を包む膜を作る役割などすごく体にとって大切な働きもしています。
脂質が不足してしまうと、お肌のハリ、髪の毛のツヤがなくなってしまうことも…。

脂質の一種に『コレステロール』があります。
コレステロールだけ聞くと、悪いものというイメージが強いですが、これも誤解です。
全身にある細胞を覆う膜や、脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料にもなっています。

血管なども細胞で出来ているので【実は、生きてくうえで欠かせない栄養素】です!!
そして、人間は必要なコレステロールの3分の2を体内で生成しています。

◆LDL(悪玉)コレステロール…肝臓から血液にのって全身にコレステロールを運ぶ。LDLが多くなると、運びすぎて血管内膜にくっついて、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。

◆HDL(善玉)コレステロール…体内にアイク影響をおよぼす余ったコレステロールを血液にのって回収する。

◇不飽和脂肪酸…魚類や植物油に多く含まれていて、コレステロール値を下げる働きがある。(菜種油、ごま油、豆腐、みそ、魚介類)
※冷蔵庫に入れても固まらない

◇飽和脂肪酸…体内でも合成できるので、摂りすぎると中性脂肪やコレステロール値が上がる。(乳脂肪バター、卵、チーズ、ソーセージ、チョコレート)
※冷蔵庫に入れると固まる

脂質はとくに、摂りすぎず、抜きすぎずの【バランス】が大切です♪
バランスをよくすることで、ダイエットの味方にも敵にもなるエネルギーの1つです。

不飽和脂肪酸を味方につけて健康的にバランスのよいダイエットをしていきましょう(^^)/

COMMENT ON FACEBOOK

新潟エステティックサロン ラ バトゥール

新潟エステティックサロン ラ バトゥール

025-224-0109
平 日 / 10:00~21:00(最終予約 / 19:30)
土日祝 / 10:00~18:00(最終予約 / 16:30)

当店は完全予約制となっております。事前にご予約下さい。お問い合せのみも承っております。お気軽にご連絡下さいませ。お急ぎの方はお電話にてご予約下さい。

HOT PEPPER Beauty Facebook LINE@ Instagram